成形

成形について

内製横型成形機写真内製横型成形機

西浦化学では、プラスチック射出成形機を用いて、主に自動車の内装部品から、機能部品まで、幅広く製造しております。射出圧縮・ガスインジェクション等の技術を兼ね備えた、360トン以下の小型成形に特化しています。

近年ではコンパクトラインを実現すべく、従来より小型化した成形機を自社開発し、よりコストパフォーマンスの高い製造ラインを目指しています。

おもな成形品

サイドベゼル

サイドベゼル

ピラー

ピラー

カップホルダー

カップホルダー

アウトサイドハンドル

アウトサイドハンドル

射出成形機 保有台数

5t 3台 140t 2台
7t 3台 180t 5台
12t 4台 260t 6台
40t 6台 210t 2台
60t 4台 280t 7台
80t 10台 360t 4台

成形の取組

成形機製作1号機写真成形機製作1号機

コンパクトラインを実現すべく、従来より小型化した成形機を自社開発し、よりコストパフォーマンスの高い製造ラインを実現しています。

  • 設備費 50%ダウン
  • スペース 40%ダウン
  • 電力費 10%ダウン

※2012年 当社比

成形サイクル工程

1開始

図

成形サイクルを開始します。

2型締

図

金型を締め既定の圧力をかけます。

3射出

図

溶融された樹脂を金型に注入します。

4冷却/計量

図

注入した樹脂を金型で冷却します。同時に次のサイクルの樹脂を規定量溶融します。

5型開

図

金型を開きます。

6突き出し/終了

図

金型から製品を突出し取出します。成形サイクル終了です。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Nishiura Chemical Co.,Ltd.All Rights Reserved.